エソテリックヒーリング「チャクラ中級編」

先日、エソテリックヒーリング「チャクラ中級編」を受講してきました。

オーラソーマのコースで、私はずっとチャクラの概要を教えてきました。
今回、サトル・アナトミー「チャクラ」の仕組みと人間の進化の理解がさらに進み、
それはとても面白かったです。

チャクラの発達は、私たちが生きる時代によって、またそれぞれのパーソナリティーの完成度によって、進化によって違います。

今の時代は魂と繋がるということが大きなキーとなっています。

まだまだ魂と繋がっている人は稀だと思いますので、普通の人々は、まずはパーソナリティーの統合が前提となります。
それができて初めて、魂と繋がっていくことができるのです。

パーソナリティーの統合は、下の3つのチャクラの発達と関連しています。

まずは小学校・中学校・高校でしっかり勉強してから、大学に入る。そのプロセスと同じです。
パーソナリティーがどんな様子であるかを観れば、人の霊的な進化を識別できるのは当たり前のこと。妙に納得しました。

進化に応じて、チャクラは開花し、上昇し、特定のチャクラ同士が繋がり、
脊柱にあるイダ・ピンガラ・スシュムナ菅を通して、生命エネルギーは上昇&下降し、
私たちは変容していきます。
そして、第七チャクラ、第六チャクラの前面後面の聖なる霊的トリアッドを
作っていくのです。

霊的トリアッド・・・確かに東洋医学でも、喉より上に「天」と言う名がついた、
たくさんの重要なツボがあるなと、また妙に納得しました。

以上は、ザックリな説明なので、学んでいない方には意味不明かも知れません。
ただ、そんな感じなんだなーと頭の片隅にでも覚えておいて頂けたら、
いつか勉強する時に参考になるかと思います。

ドクターが人体解剖学を学んでプロフェッショナルになるように、
気の身体を扱う方にとって、ヒーリングメソッドのバイブルである神智学の
光の身体について知ることが、ライトボディを感じる能力やヒーリング能力、
そして霊的な進化についての意識を間違いなく高めていくことを、今回も確信しました。

エッセンシアでの光のカラダの解剖学講座、来週1/26はエーテル体について、
2/16土は神智学的「チャクラ」について、ベーシックでわかりやすい内容を
お送りする予定です。
アドバンス的チャクラも、いつかシェアできるといいなと思います。

光のカラダの解剖学講座

・エーテル体入門 1/26土
・秘教チャクラ基礎 2/16土
・アストラル体入門 3/16土
・メンタル体入門 4/14日
・死のプロセスと輪廻 5/26日
・エンパシス&セラピストのためのエネルギー学 6/23日