メルマガ・シュリーラ通信#25お届けしました

今回のシュリーラ通信では、ご質問いただいた「ブラック」について、考察してみました。

Q
(カラールミナンスには)blackはありませんが、カラ―のない状態、と受け止めて、光の言語で表現されていることが、無い状態 (例えばピンクならば、ケアすることがない、親切さがない、優しさがない、温かさががない、感受性がない、のような?)のように理解したらよいのですか?     【Cさんからのご質問】

A
光が「ホワイト」とすると、闇を「ブラック」と見ることができます。
少し考えてみると、闇は何もない状態というわけではないですね。
夜の暗闇の中には、空中にあった全てのものがあります。
星、雲、塵…   ただ、光がなくて見えないだけです。

光のない状態、けれども、何もないわけでは決してありません…

この続きはぜひ、メルマガ「シュリーラ通信」でご覧ください。

メルマガ読者さんだけのお得情報も掲載しています。

「シュリーラ通信」購読登録フォーム
古代の英知とお得な情報が届きます☆

エッセンシアの近日スケジュール

現在、全てZoomオンラインにて講座を行なっております。

9/5土 古代の英知コース キリストのイニシエーション
   「第一イニシエーション ベツレヘムでの誕生」

9/6日 ブルールミナンス瞑想シェアリング会

9/20土-9/22祝 パーミストリケア®︎withアロマ ステップ1コース

9/26土 パーミストリケアwithアロマ ハートケア講座